ちょっと一息つける空間 横浜市

ちょっと一息つける空間 横浜市横浜市A様邸の外構施工例です。
玄関わきの限られた敷地、境界全体を木材角柱で覆いルーバーフェンスとしてプライベート空間を生み出しました。そこに縁台をつくり、ちょっと一息つける小さな庭に。
門柱は真っ白な塗り壁にモザイクタイルでお化粧、オレンジのポストがアクセントとなって明るくモダンな印象に。デッドスペースにならないよう、限られた空間を有効利用したエクステリアとなりました。

担当デザイナー:大谷洋司  施工期間:約3週間
使用商品・材料:門柱(塗り壁) → 四国化成 パレットHG、モザイクタイル → オンリーワン アートモザイクスクエアー25角 E、表札 → ディーズガーデン A-03(アールブラック)、ポスト → 既存、柱建て → ウリン材70角、床タイル → LIXIL グレイスランド、立水栓 → オンリーワン Lite(ブロンズ)、花壇 → グレーピンコロ2丁掛け

ちょっと一息つける空間 横浜市
白い門柱にオレンジのポストが映えます。

ちょっと一息つける空間 横浜市
縁台は腰掛としても荷物置きとしても活用できます。


カテゴリー: リゾートモダンスタイル, 掲載施工例一覧, 横浜市の外構と庭, 限られた空間を有効利用したエクステリア パーマリンク